株式会社サン・コーポレーション

愛知・名古屋・岐阜・三重等のエリアを中心に太陽光発電のお手伝いをする「サン・コーポレーション」

フリーダイヤル:0120-70-3535

ソーラービジネス

高利回りの投資

高利回りの投資

約10%の高収益

ポイント

太陽光発電事業の最も大きな特徴は、平成24年に施行された「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」により、20年間という長期間政府が一定価格で電気を買い取ることを保証してくれていることです。

これによって、現在の年利約10%の想定利回りに対するリスクはかなり低いと言われています。

これが、現在、企業や自治体、資産家等が、こぞって太陽光発電への投資を行っている大きな理由なのです。

投資のポイント

ポイント

これからは、太陽光発電事業が、これまでの不動産投資にとって代わる【安定投資】として周知される時代になっていくと言われています。

しかし、他の投資同様、始める際にそのメリットとデメリットを認識し、それらを比較した上で検討することが必要です。

また、他の投資と比較してリスクはかなり低いとは言われていますが、決してゼロではありません。太陽光発電事業を成功させるためにも、マイナスの要素であるデメリットやリスクをしっかりと把握することが大切です。

太陽光発電事業のデメリット・リスク

ポイント

やはり太陽を利用した事業であるが故に、天候など自然の影響を受けるというデメリットは少なからずあります。また、パネルの劣化等の物理的なリスクも当然考えられます。

更に、いくら国に保証された確実に収益の上がる投資だとわかっていても、十分な資金がなければ何も始めることはできません。特に個人の場合、多額の初期費用もデメリットの一つとなり得るかもしれません。

金融機関等の融資

ポイント

産業用太陽光発電事業の普及に伴い、これに向けての支援融資制度を設ける金融機関や、金融機関と連携して資金融資を積極的に行う自治体等が増えてきています。

リスクが少ない投資への融資とはいえ、審査などはやはり入念に行われますが、それでも通常の事業資金や住宅資金よりもはるかに承認されやすいと言われています。

お問合せはお電話(0120-70-3535)または、メールで!