株式会社サン・コーポレーション

愛知・名古屋・岐阜・三重等のエリアを中心に太陽光発電のお手伝いをする「サン・コーポレーション」

フリーダイヤル:0120-70-3535

固定価格買取制度

固定価格買取制度とは?

固定価格買取制度とは?

平成24年7月1日に再生可能エネルギーの拡大を目的として固定価格買取制度が開始されました。

この制度では、国が電力会社に向けて、再生可能エネルギー源で発電した電気を一定期間・固定価格で買い取ることを義務付けています。つまり確実な収入を国に保証された制度なのです。この固定価格買取制度のスタートに伴い、太陽光発電は安定した収益事業として産業界全体から注目されるようになっています。

平成26年度の買取価格と期間

10kW未満…1kW当り37円(税込)で10年間 10kW以上…1kW当り32円(税抜)で20年間

余剰買取と全量買取

余剰買取以前からあった制度。太陽光発電等で作られた電気のうち、自家消費しきれず余った電気のみ電力会社が買い取る制度。10kW未満のシステムが対象。

全量買取新制度。自家消費はせずに、発電された全ての電気を電力会社が買い取る制度。
10kW以上のシステムが対象。(※10kW以上の場合は、余剰買取もしくは全量買取の選択が可能)

産業用太陽光発電

全量買取の対象となる10kW以上のシステムを産業用太陽光発電といい、現在最も安定した投資事業として注目されています。大型のシステムであるため、その設置場所には相当の面積を要します。産業用太陽光発電のうち、50kW未満は「ビックソーラー」50kW以上のものは「メガソーラー」とも呼ばれています。

お問合せはお電話(0120-70-3535)または、メールで!