株式会社サン・コーポレーション

愛知・名古屋・岐阜・三重等のエリアを中心に太陽光発電のお手伝いをする「サン・コーポレーション」

フリーダイヤル:0120-70-3535

固定価格買取制度

50kw以上(メガソーラー)

50kw以上(メガソーラー)

電力会社と高圧連系をするのが50kW以上2000kWまで(それ以上は特別高圧)のシステムで、メガソーラー(大規模発電システム)とも呼ばれています。低圧連系と比べると費用・手間がかかるという側面がありますが、設備容量に見合った収益が見込めます。

高圧連系では、以下の手続き等が必要になります。

高圧連系フロー図

  • キュービクル(変電設備)の設置
  • 主任技術者の選任
  • 電力会社との接続協議
  • 保安規定の届出

メガソーラーのメリット

  • 広大な遊休地等を有効利用できる
    これは、メガソーラーが注目されている大きな理由の一つとも言われており、現在全国の廃止されたゴルフ場や塩漬けにされていた開発用地等にも次々とメガソーラーが建設されています。もちろん、従来の住宅地や工場、集合住宅の屋根等、開けた場所ならどこにでも設置は可能です。
  • 安定した発電量
    メガソーラーを設置するには大規模なスペースが必要となるため、工業団地等の郊外に設置される場合が多くなります。そのため、住宅用等の市街地のような障害物がなく、基本的には一年を通して安定的に太陽光線を受けることができます。
  • スケールメリットが得られる
    メガソーラーの場合、規模の大小にかかわらずキュービクル(変電設備)等が必要なので、規模が大きくなるほどコストが割安になる、すなわちスケールメリットが得られます。更に工業団地内で発電した電気を使用すれば、遠距離まで通電する場合のロスもなくなり効率的です。

お問合せはお電話(0120-70-3535)または、メールで!